アップセル : マーケティング 用語

2015.07.03 (金)

マーケティング で言うところの アップセル とは、標準的な価格帯より上の商品を追加販売したり、セールスの場でアップグレードして販売することを指します。例えば、ホテルに普通に泊まるのではなくて、奮発してスィートに泊まったりするのは アップセル が成立していると言えます。

 

大抵は、顧客が以前買ったものより上級のグレードの商品やサービスを購入することが多いです。

 

なぜなら、あなたの会社から購入経験がないお客様からすればいきなり上級の商品・サービスを購入するのは心理的なハードルが高いからです。ですから、リピート購入のお客様に提案する施策と考えたほうが マーケティング として有効に機能します。

 

マーケティング 戦略としては、価格の低いエントリー商品、いわゆる フロントエンド の商品から、中間の価格の ミドルエンド 商品、最終的にアップセルとして バックエンド の商品を売るようなパターンが考えられます。

 

コンサルタント の場合であれば、

フロントエンド が無料PDF・無料動画、ミドルエンド がリアルのセミナー、バックエンド で個別 コンサルティング を売るというようなパターンが考えられるでしょう。

 

化粧品通販や健康食品通販であれば、

無料サンプルの提供が フロントエンド、本商品の販売が ミドルエンド、本商品の定期購入が バックエンド というようなパターンです。

 

フロントからミドル、ミドルからバックに進むプロセスが、すなわち アップセル というわけです。


ブログでは書けないディープな情報や

アイデア満載のOffice North Star 今野富康プレゼンツ
「お金をかけずに売上アップ無料メール講座」
ご登録はこちらから。


関連する投稿

現在の記事: アップセル : マーケティング 用語

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

info@officenorthstar.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿テーマ一覧

過去の投稿一覧

⇑ PAGE TOP