能力があっても組織にとって 害になる人材 ?: ?マネジメント戦略的コミュニケーションで業績を最大化する会社・株式会社NorthStar

能力があっても組織にとって 害になる人材 : マネジメント

2015.05.01 (金)

経営者であれば、誰しも「優秀な人材」を採用したいと思うでしょう。
確かにそれは間違いではありません。
正直なところ、採用してから人材を育成するよりもある程度
最初から「できる人」を採用したほうが即戦力として活躍して
くれそうですし、第一楽でいいです。

 

しかし、世の中、そう上手くはいかないものです。

仮に、そういう「できる人」を採用したとしても、
そういう人材こそ、マネジメント 上、害になるケースがあるのです。

 

それは、能力とモチベーションの関係をマトリクスにしてみてみると
よくわかります。つまりこんな感じです。
↓ ↓ ↓

スクリーンショット 2015-05-01 7.50.33

 

縦軸が能力、横軸がモチベーションです。

能力は上に行くほど高くなり、モチベーションは右に行くほど高くなります。

 

一番いいのは、右上のグループ。
能力があって、モチベーションが高いグループ。
こういう人材ばかりだったら、どんなに マネジメント は楽でしょう?(笑)

 

次にいいのは、右下です。
能力はイマイチだけど、モチベーションが高いグループ。
成長の余地ありです。リーダーが良ければ頑張って成果を
出してくれるでしょう。

 

残るは、左上と左下です。

どっちもあれですね~

嫌な予感しかしませんね。

 

どちらも、イケていませんが一番、 マネジメント 上ダメなのは、実は
左下の能力も低くてモチベーションも低いグループ・・・
ではなく、能力が高くてモチベーションが低いグループです。

 

なぜか?

 

理由はこうです。
能力が高いのにモチベーションが低い人たちが周囲に
与える悪影響は場合によっては組織を崩壊させるほどの
力があるからです。

 

考えてみてください。

 

能力がある人は大抵、影響力があります。
仕事でも重要な役割をになうことも多いでしょう。
場合によってはリーダーとしてプロジェクト仕切っているのです。

 

その人物が、愚痴る、会社を批判する、サボる
社長の悪口を言う。

 

ことによっては組織に壊滅的な傷跡を残します。
なまじ能力があるだけ、たちが悪いのです。

左下のグループは、ある種、影響力もありませんし、
害にさえならなければ致命傷にはなりません。
ただし、気の毒なのはこの人たちは永遠のリストラ候補
なのは疑いようもないことです。

 

人材の定着、育成の目標は
いかに右上の人を増やすかにつきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログでは書けないディープな情報や
アイデア満載の
「お金をかけずに売上アップ無料メール講座」
ご登録はこちらから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


関連する投稿

現在の記事: 能力があっても組織にとって 害になる人材 : マネジメント

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

info@officenorthstar.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿テーマ一覧

過去の投稿一覧

⇑ PAGE TOP