いつまでも 新規開拓 をしてたらいけません! - 戦略的コミュニケーションで業績を最大化する会社・株式会社NorthStar戦略的コミュニケーションで業績を最大化する会社・株式会社NorthStar

いつまでも 新規開拓 をしてたらいけません!

2014.04.20 (日)
ダメ!

いつまでも 新規開拓 をしてたらいけません!

えっ、意外ですか? これ正確には 売上の大半を 「新規開拓に頼らざるを得ない」 状況がずっと続くようじゃ、 ダメ!とう意味です。 なぜか? ちょっと考えれば分ることですが、、、 何十年もビジネスをしていたら お客さんは膨大な 数になるはずですよね。 だって 、毎年顧客を獲得してるとしたら 1年目の顧客 +2年目の顧客 +3年目の顧客、、、、 10年目の顧客+、、、、、20年目の顧客 となるはずですから。 つまり、 毎年顧客が増え続けたら、 顧客リストは 「太り続ける」ます。

 

結果、どこかの時点で 営業活動の軸足が新規開拓から既存顧客の深耕に 移るはずです。 顧客数=新規客+既存客-流出客 もし、何十年も新規開拓が 売上の中心だとしたら、、、 おそらくそれは新規客と 既存客の「和」より、 流出客の方が多い ということを示している可能性 大です。

※もう1つの可能性として、 顧客の獲得力を上回る 組織の拡大というのもあり得ます。 といっても、 この場合何十年も続かないと思います。 一般的に、 新規顧客の獲得には 既存客に何かを販売する 時に比べて5~10倍の コストがかかると言われています。 つまり、新規の売上が 大半を占め続けているとしたら ほとんどイコールで 「自転車操業」という場合が多いです。 ※例外はあるかもしれませんが。

もし、 上記のような状況であれば、 するべきことは

 

× 新規開拓

?○既存顧客の維持&アップセル商品の開発

ということになります。 もし、売っているものが「 まとも」なら、初回のお客 様に売るよりも 「既にあなたから買ったことに満足 してくれている顧客」に 売る方がよほど楽です。

 

私はクライアントの新規開拓をお手伝いする 立場ですが、 何十年も新規で顧客獲得をしないと 行けない状況を推奨している わけではありません。

ブログでは書けないディープな情報や アイデア満載の 「お金をかけずに売上アップ無料メール講座」 へのご登録はこちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今野富康へのご依頼・お問い合わせこちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


関連する投稿

現在の記事: いつまでも 新規開拓 をしてたらいけません!

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

info@officenorthstar.jp

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

投稿テーマ一覧

過去の投稿一覧

⇑ PAGE TOP